絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生理前のたった7日間に豆乳を飲むだけで痩せられるダイエット法☆

■生理前は太りやすく痩せにくいのが常識。⇒

「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが減少し 、「母ホルモン」と呼ばれるブロゲステロンが増加するためとにかく体に栄養や水分を取り込もうとする。

そのため、食欲が湧き、脂肪は燃えにくく、老廃物や水分が排出されないため痩せにくくむくみやすくなる。
おまけに精神的に不安定になるため、食欲を抑えられない。

でも、生理前に1週間「豆乳」を飲むだけで…

生理前は「最大のやせチャンス」になる!

生理前~生理後のカラダの変化を利用する。


■「生理前1week豆乳ダイエット」のやり方⇒

生理予定日の7~10日前から毎日、 朝食前に1パック(200ml)の豆乳を飲む。

たったそれだけ! !
昼食前や夕食前でもOKだけど、朝ご飯前に水分を摂ると腸が動いて便通がよくなるので理想は朝。


■生理前の「溜め込み」を抑えるのがカギ!⇒

本来であれば体重は、生理前に余分なものを溜め込み(プラス)、 生理後に徐々に排出するため(マイナス)、 →普段はプラマイゼロになる。

生理後は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが優位になるため、脂肪は燃焼、老廃物は排出されやすくなる。
「ダイエットするなら生理後1周間」とよく言うのはそのため。

生理前に脂肪や老廃物を溜め込まないようにすれば(ゼロ)、 生理後の燃焼・排出効果により(マイナス)、 元々の体脂肪が代謝されて痩せる。

生理前にためこまれるはずの余分な脂肪がなければ 、生理後には代わりに「元々の体内脂肪」が代謝されるという効率のいいダイエット方法。


■豆乳で「溜め込み」を抑えられる理由。⇒

【1】大豆サポニン

・小腸での脂肪吸収を抑えてくれる。
・血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる。
・便を柔らかくしてお通じをよくしてくれる。

小腸の絨毛(じゅうもう)が太くなると脂肪をたくさん吸収してしまうのですが、サポニンが絨毛を正常な 大きさに戻してくれるので小腸からの脂肪の吸収を抑えることができます。
さらに、脂肪を体外に流す働きもあるのです。

【2】大豆イソフラボン

・エストロゲン(美人ホルモン)と似た働きをする。
・エストロゲンが足りなければ補い多すぎる時には減少させようと働く。

【3】大豆たんぱく

・動物性食品に比べて低カロリーで基礎代謝を活発にする。
・体内での吸収・分解に時間がかかり満腹感を得やすい。

【4】ビタミンE

毛細血管の血流を促し、血管に弾力をあたえ、抹消まで血行をよくするはたらきがある。


■生理が始まったら飲むのをやめること。⇒

健康上悪いわけではないがダイエットをしたいなら注意。
人間には、いかなる環境にも適応しようとする恒常 性(ホメオスタシス)があるため、普段から豆乳を摂取 するとやがて体が吸収抑制に慣れてきてしまうと考えられる。

毎日集中的に豆乳を飲むのは生理前1週間にしたほうが効率的なダイエットができます♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。