絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べ方を見直して健康的に痩せる9つの方法☆《後編》

■6.夜8時以降の食事は控えましょう。

脂肪細胞が血液中の脂肪分を取りこむ際に働く「BM AL1(ビーマルワン)」というたんぱく質。
「体内のB MAL1は、夜遅くなるほど増える。だから、遅い時刻に食べる食事は脂肪になりやすい」

■7.食事の前にフルーツを先にたべましょう。

フルーツを先に食べることにより、フルーツの酵素によって後から食べたものが消化されやすくなります。
食事の10分から30分前までに食べ終わっているのが理想です。

■8.食前に水を飲みましょう。

バージニア工科大の栄養研究者の発表。
55才から75 才の間の被験者に、1日あたり1200~1500キロカロリーを摂取するように命じ、さらにこのうち半分がランダムに3食すべての前に16オンス(約450cc)の水を飲むように割り当てられました。
12週間後に水を飲むグループは平均して15.5ポンド(約7キロ)減り、水を飲んでいない方のグループは11ポンド(約4.9キロ)減りました。

■9.たんぱく質と炭水化物を一緒に食べましょう。

炭水化物とタンパク質を一緒に食べると血糖値が安定しやすく、インスリンとグルカゴンのバランスが良い状態で保たれ、脂肪の分解は邪魔せず筋肉には必要な栄養は継続的に運ぶことができるため、ダイエット中でも代謝を下げにくく効率よく体脂肪が落とすことができます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。