絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べたものを脂肪にさせない裏ワザ☆

大切なのは、

食べた物を脂肪に変身させない事。

そして、消化を促進させることが重要です。

食べたものが脂肪になるのには2週間かかると言われています。

2週間あるからと言って2週間食べ続けるのはNG。

食後48時間(2日)以内に調整すれば、食べたものが脂肪に変わるのを防ぐ事ができるんです。

■きちんと働く胃腸にととのえる。

胃腸が弱っていては、スムーズな消化ができません 。

胃を伸ばすストレッチをして胃の疲れをとる。

方法:仰向けに寝転び、背中の部分に丸めたクッションなどを入れ、胃を伸ばすストレッチをする。

胃腸をあたためて血行を良くし、胃腸の働きが良くなるよう整える。

胃の荒れを治し、働きを活発にしてくれる緑茶をとるようにするのも効果的です。

■スムーズに消化できる食事の仕方。

食事の仕方を工夫して、消化を促進させる。

冷たい食べ物や水分を摂りすぎないようにする。

水分によって胃液が薄まると上手に消化されなくなってしまいます。

また、冷やされる事によって胃腸の働きが鈍くなるんです。

よく噛んで食べ、腹八分目を心がける事が大切です。

■さらに、消化を早めるテクニック

胃腸の負担を減らし、消化をサポートします。

胃の働きを妨げないよう、食後20~30分は静かにしておく。

身体の右を下にして寝ると、内臓への負担が減り消化を助けます。

また、食後30分後に適度な運動をすることで、胃腸を刺激し消化を早めることができます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。