絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーのダイエット効果はブラックでさらにアップ!

コーヒーは肉体的にも精神的にも効用のある飲み物。

集中力と持久力を増すため、一流のスポーツ選手(マラソンやサッカー、プロ野球の投手など)の中には、二時間ほど前にコーヒーを飲んで競技や試合に望む方もいると聞きます。

コーヒーに含まれているカフェインはダイエット効果の高い成分ですが、摂取量には注意が必要。

1日に飲むコーヒーは5杯程度までにしましょう。
カフェインの過剰摂取は良くありませんし、体がカフェインに慣れてしまい効果が現れにくくなってしまいます。

■ブラックでさらにダイエット効果アップ!?

ある研究では、ブラックコーヒー3杯を飲んだ後に自転車こぎ運動をしたところ、水を同量飲んだ場合と比べて脂肪の燃焼度が2倍にも高まったそうです。

カフェインには血流促進作用があるのでコーヒー愛飲家は体温が高く、体の脂肪をよく燃焼させる効果があります。

■ブラックの方がより良い理由

お砂糖を入れるとカフェインの働きが妨害されてしまいます。

ブラックコーヒーは99%が水分なので、カロリーを気にする必要もありません。

ブラックコーヒー 約4kcal

+砂糖(4g) 約19kcal
+ミルク(5ml) 約16kcal
+砂糖(4g)+ミルク(5ml)約31kcal

■これはNG!!

空腹時にコーヒーを飲むと、刺激物であるだけにお腹に不快感を覚える方もいます。
そうした状態でブラックコーヒーを飲むのは避けたほうがよいかもしれません。

ちなみにブラックコーヒーのみなら口臭予防になりますが、その予防してくれる成分はミルクによって無効にされてしまいます。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。