絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

セレブに人気の血液型ダイエットでラク痩せ☆①

なぜ血液型によって痩せやすい食べ物が違うの ?

その答えはタンパク質「レクチン」が鍵。

レクチンとは、ほとんどの食物に含まれているタンパク質の名前です。

「レクチン」は血液の抗体に似た性質を持つため、輸血で合わない血液型があるのと同様に身体に合わない「レクチン」が存在するんです。

ほとんどのレクチンは体外に排出されます。

しかし、残りの5%が糖と結合し血液の流れを滞らせたりしてしまうのです。

よって余分な脂肪が溜まってしまうとのこと。

■A型「農耕民族系」野菜をたくさん食べると痩せやすい。

植物を消化するのが得意なA型。

ルーツが農耕民族であるA型はもともと植物性の食べ物に適した体質であるため、肉類の消化にはあまり適していません。

穀類、野菜、豆類を中心とした食生活がよい。
みそ、納豆、つけものなどの発酵食品を日常的に摂り、たんぱく質は豆やソバから主に摂るのがおすすめ。

■A型のNG食べ物「肉、カニ、エビ、乳製品」

肉類は消化しにくく、脂肪として蓄積されやすいのでダイエット中はNG。

貝類、甲殻類 、イカ、タコ、スモークサーモンなどに含まれるレクチンがA型には合いません。

また、マンゴー、パパイヤ、バナナなどの酵素が 強いもの、みかん、オレンジや100%ジュース はA型の胃には刺激が強すぎます。

つまり一時期流行った「バナナダイエット」はA型は不向きと言えるでしょう。

■B型「遊牧民系」乳製品やラム肉を食べると痩せやすい。

保存食を消化するのが得意なB型。

大陸を馬に乗って駆け巡った遊牧民族をルーツに持つB型は、主に保存食(とくに乳製品)を食べて力を得ていました。

そのため、消化器系と免疫系はともに強い。
低血糖になりやすいため、空腹は避けたいです。

羊肉などの赤身が体質に合うのでジンギスカンを野菜と一緒に食べるといいです。

サケ、タラなどの油ののった遠洋魚の良質なタンパク質がオススメです。

■B型のNG食べ物「油、トマト、ナッツ類、麺類」

美容にいいナッツですが、B型にはNG。

遊牧民族になじみのなかった油はほぼ合わない。

流行のダイエット法であるアーモンド、女性に人気のアボカドも合わない。

赤身以外の豚肉、鶏肉、鴨肉、うずらの肉などは合いません 。

避けるべきはとうもろこし、そば、小麦、 ピーナッツなどです。

カボチャ、ゴマ、緑豆モヤシ(普通のモヤシは○)、カイワレ。
また、リコピンの抗酸化作用が注目されているトマトもその栄養素の恩恵以上にB型の胃腸を荒らしてしまうので注意が必要です。

次の記事では、O型とAB型について説明したいと思います♪
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。