絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べて痩せる!?「牧草牛ダイエット」ってなに?

■"牧草牛ダイエット”とは?

牧草牛ダイエットは、炭水化物を立ち、1 日300~500gの赤身肉を食べる食事法です。

糖質をカットして「ケトン体」を生成するダイエット方法。

食事の炭水化物を減らすと糖質がカットされますが、糖質がカットされると肝臓にて脂肪酸が「ケトン体」というのに分解され、糖質などのエネルギー源の代わりにエネルギー源となります。

体脂肪を増やすのは糖質のみなので、糖質をカットすることで体脂肪が増えるのを抑えつつ、エネルギー源を確保するのです。

牧草牛ダイエットは、昨今定着しつつある糖質オフダイエットの最新型です。

穀物牛は運動を制限し人工的に太らせるのに対し、牧草牛は放牧し、牧草にて育てる飼育法です。

穀物牛は霜降り牛肉を生産させるための育て方に対し、牧草牛は自然の摂理にあった飼育法で、無農薬有機栽培に拘る人なら注目しておきたい飼育方法です。

■なぜ”牧草牛”がダイエットにいいの?

牧草牛には、穀物牛よりも栄養素が豊富なのです。

ダイエットのためにはたんぱく質を多く摂ること鍵だが、牧草牛にはタンパク源が多く含まれているとしています。

なかでもニュージーランドの放牧牛は、広大な牧場で育てられているためストレスフリーかつ、抗生物質に頼ることなく育てられているため、病気につよいです。

また、牧草はマメ科の草が中心で栄養価が高く肉の組成に凝縮されます。

ニュージーランドの牧草牛は国産牛に比べてビタミンB12が2倍、共役リノール酸を3~5倍含むほか、コエンザイムQ10も倍量含まれています。

脂質の代謝に効く栄養素や、体脂肪を燃やそうとする成分が多く含まれているので、糖質オフダイエットに効果的だそうです。

牧草牛には良質の脂肪酸、たんぱく質、鉄分、ビタミンB、亜鉛、ミネラルなどがバランスよく含まれています。

また、コエンザイムQ10、タウリン、カルノシン、オメガ3脂肪酸、共役リノール酸など生理活性物質が穀物牛よりも多く含まれています。

コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを供給する重 要酵素となる協力な抗酸化物質、カルノシンは筋肉が酸性に成るのを防ぎ、老化防止に役立つ物質です。

ダイエット中の栄養不足を防ぎ健康的に痩せる。

健康的に痩せる事でリバウンドを防ぐ効果もあるので今話題のダイエット法なんです。
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。