絶対に痩せたい人のためのダイエット基礎知識

正しい知識で賢く痩せる!!ダイエットに役立つ基礎知識を毎日更新します♪

肉を食べてダイエット!!赤身肉で太りにくい身体を作る方法

カロリーの高い食事をしているわけではないのに中々痩せる事ができない、、
そんな風に悩んでいる人って実は結構多い様な気がします。
それはなぜなのか?

「そういう人ほど“肉”を食べていないことが多いんです」と、管理栄養士の先生。

ダイエット中ってお肉食べてもいいの?
そんな風にびっくりした人は多いはず。
正確にいえばダイエット中の肉摂取には「食べる肉の種類」がとても重要だったんです。

肉は、筋肉の材料となるたんぱく質源。食べると筋肉がつきやすくなり、代謝アップにつながります。
特に赤身肉には、脂肪燃焼を促すL︲カルニチンも豊富。また、肉を食べると体が熱くなる感じがしますが、これは消化するのに多くのエネルギーを消費するから、つまり代謝がアップするのです。

○手のひら1枚分の赤身の牛肉を1日1回食べる

牛肉を選ぶ時のポイントは極力脂身が少ない部位を選びます。
牛肉を摂取できないときはビーフジャーキーでもOK。

○野菜や薬味で消化をサポート

【にんにく、わさび】
どちらも抗菌作用がある食材。にんにくには体を温める作用、わさびには消化促進作用も。

【おろししょうが】
体を温めて代謝を高めるうえ、胃液の分泌を活発にして消化を促す効果があります。

【おろし大根】
たんぱく質分解酵素が豊富。おろすとさらに酵素が活性化し、肉が消化されるのを促進。

【ピクルス】
発酵食品のピクルスは、酵素も補給できておすすめ。体内老化防止に効果があります。

【クレソン】
血液をサラサラにするポリフェノールが豊富。生で食べれば酵素も補給できます。

肉は消化が大変なので、消化を助ける生野菜などと一緒に食べるのがおススメです。
そうすることで消化が促され、やせ効果が高まりダイエット効果もより期待できるはずです。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
ダイエットニュース

ダイエットニュース記事一覧

ダイエットの痩せワザ

ダイエットの痩せワザ記事一覧

ダイエットレシピ

ダイエットレシピ記事一覧